​カリキュラム

            学童でのカリキュラムは、以下の分野で形成されております。

      英語レッスン    体操     音楽     プログラミング   

 宿題/他教科時間   工作/アート/理科実験   自由時間(公園/教室で伸び伸びお遊び) 

 

        

上記のカリキュラムをランダムに行います。ランダムな訳は、生徒様の入退室時間などが大きく異なる事がありますので、お1人お1人行き届いたカリキュラムの設定となっております。​

*英語レッスンと宿題時間は優先順位で必ず行います。

English Lesson

翻訳・通訳会社ならではの専門英語レッスンとなります。基礎をしっかり学び、学ぶ英語ではなく実践で使える英語を構築していきます。

当教室では、ネイティブの英語レッスンと日本人講師の英語レッスンがあり、ライティングとスピーキングを連動させておりスピーディーな練習が可能となります。

また、教室は試験会場に認定されておりますので、英検(5級~1級)も教室で行えます。*本格的な英語レッスンをお考えの場合は下記のサイトよりレッスンが可能となります。

また、様々な検定系も取り扱いやスピーチコンテストも開催いたします。同コンテストでは、元審査員の(カルフォルニア大(博士))のネイティブや、上智大学(修士)(文法理論/言語理論)(ディベートコンテスト上位)の人材が所属しております。

文部省の教育的見解

文部省は「外国語を通じて、異言語や異文化について体験的に理解を深めて、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら、コミュニケーション能力を養う」という目標を掲げており、今後、英語教育重視の流れがさらに強まっていくことが予測されるでしょう。

学習を行うにあたり、ただ紙ベースで行うのではなく、楽しく遊びを交え、その中に英語学習取り入れていきます。例えばすごろくなどを使い、ゲーム形式で単語や語彙などを覚えていきます。子どもの吸収率は非常にたかいことから遊びとゲームを交えた学習を行えばより脳にインプットされるスピードも変化していきます。カードゲームやアニメのキャラクターなども良い例かと思います。 (下記ファイル参照)

​プログラミング/ Robot

プログラミング教室にて、技術力を習得していく段階において、パソコンスキルや技術力が向上していきます。プログラミングはスキルアップと同時に、さまざまな教科のスキルも必要となります。プログラムを作成するということは、その *ソースコードを作成しなければなりません。ソースコードの作成は、その対象となる物質に操作命令を作るということになり、言い換えれば作成する対象物の脳回路を作成することになります。

 

『右に向け』という指令を作成するには、どの程度右に向かせることが必要となりますので、座標や計算式が必須となります。

また、ソースコードの言語は英語となりますので、英語、算数/数学、技術などの要素が必要となってきます。また、自身で作り上げてきた物を紹介(プレゼンテーション力)も重要となります。

SCRATCH (スクラッチ)

Scratch (スクラッチ) とは、初心者が最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られるプログラミング言語学習環境です。マサチューセッツ工科大学が開発し、遊び心のある実験やインタラクティブアニメーション、ゲームなどの製作を通してさらなる学習のやる気を起こさせることを意図しています。

Robot

ロボットや電気構造など、さまざまな部品を使用し組み合わせていきます。ネイティブ講師が主導となりますので、ソースコードとなる英語力にも大いに役立ちます。

​工作/アート

           様々な材料を利用して、生徒さまの思考力を養います。

・テーマに沿って工作を行います。簡単に出来るスノードームや紙コップや割りばし、ペットボトル、段ボールなどを用いて作成していきます。

作成工程では、アバウトな工作から始まりますが、段階を踏み定規を使ったり、計算したりし、設計図を作成るように移行していきます。また、工作によってはステップアップ工作もありますので、自身が作成した工作をグレードアップしていきます。グレードアップによる工作は、前回の良いところ、悪いところを見出していき次に繋げていきます。

・アート

​各テーマに沿って室内外でアート作品を作っていきます。

音楽 / 体操

​こども体育を行います。未熟児(2才)から小学校低学年(8才)くらいまでの間に、運動感覚を養うことはとても大切なこととなります。まだ身体構造が構築されていない年代への人格形成の土台作りを時間となります。

SCIENCE

昨今では、日本の理科離れが懸念されており、同区においても、東京大学・お茶の水大学などの教授陣や学生らが、区と共同でレッスンを行っております。弊社では、この理科離れの中、専門講師を招集し、楽しく分かる体感レッスンを行っております。

東北大学農学博士/広島大学工学博士/国立研究開発法人 水産総合研究センター元所長が科学的側面を監修いたいします。

​ホームワーク

学校の宿題や、ご自宅で選定されているホームワークを教室で行います。

宿題やホームワークなどは、お子さまにとって進んで行いたくはないものです。教室では、親御さまと課題について連携を図り、お勉強を行える環境を整えます。​

教科は英語(帰国生/出国子女対応)や算数、国語など、教員(保育士/小学生~大学)まで教員/大手塾講師が在籍しておりますので、さまざまな教科が可能となります。

​その他/自由時間

その他のお時間は、先生たちと遊ぶ、教室の道具を使ったお遊び、おやつ時間、お外遊び、探索/お散歩などさまざまあります。

お子さま同士遊ぶことも楽しいことですが、当教室に来られているお子さまは、先生と遊ぶことを多く望んでおり、毎日楽しくアットホームな空間を維持しております。

1日の流れ

※日々変動致します。

お子様が教室に到着されましたら、保護者様(ご指定者)にご到着メールをお送りしてます。

毎日さまざまなお子さまがご利用され年代も多様です。年代や行うカリキュラムはチーム制(レベル分け)され、2つの教室を使い分けます。

​挨拶や、手を洗うお片付けなど教室で必ず使う用語は英語となります。繰り返し使う用語となりますので、自然と英会話が身につきます。

英語レッスン、プログラミング、工作/アート、音楽、体操、ホームワークを行います。

​*曜日や生徒さまに応じて変動いたします。

おやつの時間/軽食の時間、自由時間

・おせんべい(複数種類あり)

・チョコレート(複数種類あり)

・ロールケーキ

・アイス(夏期限定)

・麦茶

​・トースト(軽食)

英語レッスン、プログラミング、工作/アート、音楽、体操、ホームワークを行います。

​*曜日や生徒さまに応じて変動いたします。

お子さまがご帰宅されましたら、保護者様(ご指定者)にご帰宅メールをお送りします。

無料オプション

・全教科の教材費

・おやつ、軽食、お茶

・近隣(指定あり)への付き添い

・写真/動画で教室でのご様子をご覧いただけます。

・昼食など買い物について、場所や買い物の中身(買ってほしいもの/

 買わないで欲しいもの)がお決まりでしたらご指示ください。

*スーパーの選定、お買い物の選定など

講 師

室長

上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻博士前期課程修了。東京家政大学で英語学の教鞭をとり、昭和大学医学部附属看護専門学校で医学英語を教える。

都立国際高校とICU高校入試対策問題を執筆。中学校・高等学校専修教員免許(英語)、一般文書からライスサイエンスに関する文書の翻訳、特殊文書作成、論文指導、プレゼンコーチング、エッセイ、校閲、医薬分野の通訳などを行い、園児生からビジネス英語まで幅広い生徒さまから高い支持を得ております。政府研究機関の国際発表原稿執筆や地元東京大学を始めとする医学部の医師、准教授の先生の英語指導など、多方面の専門家への文法理論に基づいた英語レッスンを行っております。

日本人講師

小学校英語指導資格/中学校・高等学校社会科教員免許保持。教育者として長年経験を持ち、講師として高い人気を得ています。

予備校・英語総合塾を経て、大手英会話学校にてTOEIC・英検等の資格試験から英会話まで幅広い指導を長年経験。また英語以外の教科講師(大手)も経験。学童に於ける英語教育に熱意を持つ。英語、英語体操(ヨガインストラクター資格保持)、宿題指導を担当します。

 

ネイティブ講師

出身国イギリス。過去にアメリカ(サンフランシスコ)や日本に在住経験有。日本では、英語講師、保育園/幼稚園の英語講師、学童保育の英語講師と園児生から小学生に焦点を充てた英語講師の経験者。

趣味はDJ・ダンス、ローラブレイド、MTBと、多趣味でユニークな先生です。

 

日本人講師

お子様の良き理解者。学童保育以外では、国内では少ないChemical Think Tank(国外の化学品危機管理/申請文書作成/特殊危機管理など)、ICU高校入試対策問題を執筆など総合的なマネジメントを行っております。硬いイメージですが、お子様からは非常に人気のある先生。子供と対等な立場に立ち、さまざまなアクティビティ、工作などを行います。子供たちの癒しと、楽しさの環境を整える役割となっておりす。   

上記は主な講師となりますが、曜日や受け入れ人数に応じ、講師が増員されます。

少人数制の学童保育となりますので、生徒様と講師の対比は、一人一人行き届いた教育とコミュニケーションとなっております。

通例の学童保育などは、都庁の条例生徒様(13人~15人)の生徒様に対し、講師1名以上の対比が決まっており、その対比を基に形成されております。弊社では、運営的(生徒様と講師の対比)な側面も重要な要となりますが、教育に重きを置くことを最重要視しております。

スコラジュニアのここに注目!

教育に重きを置くとは、生徒様13人~15人に対し、講師1名ではなくてはならない訳ではありませんので、また、講師が1名以上ですので、最少人数1名では、講師が管理職となる傾向がなどが見られます。

管理職全てが懸念材料となるわけではありませんが、教育的側面の運営は、教育力や講師の判断力が適切と考え、見落とし教育ではなく、育成強化することを目指しております。

大手や他の学童保育で見られるイジメや孤立、向上心が見られないなどの環境問題。

当教室では、子供でも好き嫌い、人と会う合わないの問題については、子供オンブズマンを取り入れております。子供の主張をきちんと聞き入れ、話し合います。また、子供同士の意見の分かれについては(例 私はこれがしたい! 僕はこれがやりたい! もうやりたくない! など)、は自分の主張と相手の主張を取り入れ、双方のアイデアを考え出し、思考力を養うことを行っております。

© 2018 株式会社FDS -スコラプログレス- スコラプログレス ジュニア

Follow Us
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

スコラプログレス ジュニア

翻訳・通訳会社の学童保育

03-5319-2118

円形のメールアイコン